特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

都市対抗野球

競り勝ってパナソニック 三菱自岡崎降す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 社会人野球の第88回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は15日、東京ドームで1回戦3試合。第1試合は三菱自動車岡崎(岡崎市)とパナソニック(門真市)が対戦、パナソニックが3-2で三菱自岡崎を振りきり、接戦を制して2回戦に進出した。

 ○パナソニック(門真市)3-2三菱自動車岡崎(岡崎市)●

 パナソニックが投打の軸の活躍で接戦を制した。一回に4番・柳田の左越え2ランで先制。1点リードの五回も柳田の中前適時打で加点した。先発の吉川は14三振を奪って2失点完投。三菱自動車岡崎は三回の豊住の右越えソロなどで追い上げたが、及ばなかった。

この記事は有料記事です。

残り128文字(全文401文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい