特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

都市対抗野球

ホンダ鈴鹿、逆転勝ち きらやか銀行を降す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【ホンダ鈴鹿(鈴鹿市)-きらやか銀行(山形市)】六回表ホンダ鈴鹿2死二塁、柘植が勝ち越しの左翼線適時打二塁打を放つ=東京ドームで2017年7月15日、平川義之撮影
【ホンダ鈴鹿(鈴鹿市)-きらやか銀行(山形市)】六回表ホンダ鈴鹿2死二塁、柘植が勝ち越しの左翼線適時打二塁打を放つ=東京ドームで2017年7月15日、平川義之撮影

 社会人野球の第88回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は15日、東京ドームで1回戦3試合。第2試合は、ホンダ鈴鹿(鈴鹿市)ときらやか銀行(山形市)が対戦、ホンダ鈴鹿が中盤2点差をひっくり返し3-2できらやか銀行を降した。ホンダ鈴鹿は昨年に続き2年連続で初戦を突破。

 ○ホンダ鈴鹿(鈴鹿市)3-2きらやか銀行(山形市)●

 ホンダ鈴鹿が中盤の集中打で逆転勝ち。五回に沢田の中前適時打で1点差とし、六回は松本の右前適時打で追いつき、柘植の左翼線適時二塁打で勝ち越した。2番手・平尾の好投も光った。きらやか銀行は序盤に足を絡めて2点を先行したが、四回以降は三塁を踏めなかった。

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文432文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい