メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横浜港で500匹以上を確認

特定外来生物のヒアリ=環境省提供

 環境省は14日、横浜港本牧ふ頭(横浜市中区)で、外来種のヒアリ500匹以上を確認したと発表した。これまで発見された群れでは最大。幼虫がいるので繁殖している可能性が高く、女王アリもいるとみられるが見つかっていない。国内の発見は5都府県で計7カ所目。

 同省によると、コンテナ置き場のアスファルトの割れ目に▽働きアリ500匹以上▽羽が生えた雄約10匹▽さなぎ100個以上▽幼虫100匹以上--がいた。殺虫剤で駆除し、他にもいないか警戒する。

 一方、東京港青海ふ頭(東京都江東区)では同日、別の外来種のアカカミアリが1000匹以上見つかった。同じく、コンテナ置き場のアスファルトの割れ目にいた。有毒だがヒアリより毒性は低いという。【五十嵐和大】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「給与」と「給料」の違い
  2. 憲法ルネサンス 最低賃金 なくせ貧困、不幸比べ
  3. 加計問題 「丁寧」一転、首相言葉に詰まる 閉会中審査
  4. 民進党 野田幹事長が辞意表明 蓮舫代表は衆院くら替え
  5. 加計問題 潔白、証明できず/集団無責任体制

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]