メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広告

「例外」「条件」の注意書きに気付かず97%

動画広告のサンプル。「4割引き」の宣伝から画面が切り替わると、右下に小さな文字で「20000円以上の商品に限ります」と打ち消し表示が現れる=消費者庁提供

 企業が広告で商品の効果や安さを強調する際、例外や条件を示す注意書きが消費者が見落とすほど小さかったり内容を理解できなかったりする「打ち消し表示」が多い。消費者庁は14日、こうしたケースは景品表示法違反で処分の対象になる可能性が高いとの見解を公表し、企業側に表示の改善を求めていく方針を示した。実在の広告に近いサンプルで調べたところ、最大97.6%の消費者が注意書きを見落としていた。

 消費者庁は昨年10月~今年3月、新聞やテレビ、インターネットなど各媒体の広告約500点の打ち消し表示について、初めて調査した。動画広告では、打ち消し表示の表示が「2秒以下」のものが最も多く42.4%を占めた。ネット広告では、画面をスクロールしたり別ページを開いたりしないと打ち消し表示が出てこないケースが24.7%に上った。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです