メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒアリ

毒餌設置、港を限定へ 環境省が方針転換

神戸港で発見されたヒアリ=環境省提供

 強い毒を持つ外来種「ヒアリ」の駆除対策で、環境省は14日、外国との定期コンテナ航路がある68港に一律に毒餌を置く方針を撤回することを明らかにした。「在来種も死に、ヒアリの侵入を加速させる恐れがある」との専門家の指摘を受けた。当面、捕獲用の粘着トラップを置いて各種のアリの生息状況を調べ、必要な港に限って毒餌を置く方向で調整している。

 環境省は11日、68港に対し今月中に毒餌を配布する方針を示した。準備の過程でアリに詳しい専門家らに…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文427文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. インスタが「いいね」数非表示に 精神的負担、軽減する狙い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです