那須の雪崩

事故原因 「人為」か「自然」か不明 現地報告会、研究グループが見解 /栃木

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
雪崩事故の現地調査結果を報告する防災科学技術研究所の中村一樹さん(右奥)=那須町で
雪崩事故の現地調査結果を報告する防災科学技術研究所の中村一樹さん(右奥)=那須町で

 那須町湯本の雪山で3月27日、登山講習会に参加していた県立大田原高山岳部の生徒7人と教諭の計8人が死亡した雪崩事故で、雪崩のメカニズムなどを研究するグループが14日、那須町で現地報告会を開いた。住民らは現場の状況や雪崩の仕組み、原因について質問を重ねるなど、地元で発生した痛ましい事故への関心の高さがうかがえた。【野口麗子】

 グループは、文部科学省の助成で研究を行う、防災科学技術研究所や気象庁気象研究所など11機関の31人。

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文695文字)

あわせて読みたい

ニュース特集