メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見守りサービス

自販機に基地局 電波で子や高齢者見守り

 町の自動販売機や電柱が、子どもや高齢者の安全を見守ります--。IoT(モノのインターネット)技術を活用した見守りサービスの実証実験が、東京都渋谷区で始まった。中心となる東京電力ホールディングスの杉浦賀彦・tepcotta(テプコッタ)事業本部長は「一つの小学校区から始めて、来年1月に区内全域へ拡大。さらに他の地域でも導入してもらえる事業に育てたい」と話している。

 区内にある自販機や公共施設、「子ども110番の家」に協力を依頼し、小型基地局を設置。ビーコン(電波…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文643文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 総合庁舎の建設費2倍? 不足分新設と比べ
  2. ヤマト 法人引っ越し過大請求4.8万件 総額17億円
  3. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  4. ORICON NEWS 御大・富野由悠季が“脱ガンダム”にこだわる理由「作り手は安心したら最後」
  5. ORICON NEWS 神谷明、29日の巨人×広島戦で場内アナウンス「冴羽リョウとして盛り上げる」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです