メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『親権と子ども』=榊原富士子、池田清貴・著

 (岩波新書・950円)

 離婚時と児童虐待を二本柱に、親権と子供の権利を巡る最新の状況を紹介する。経験豊富な弁護士である著者2人が、具体的な例を元に論を進めており、親権を争われているような子供自身も背伸びして読んでほしいという。「社会問題」として概略を知りたい読者だけでなく、親権が絡む問題の当事者にとって「実用書」となる内容だ。

 離婚時の親権を巡る争いは過去10年で3倍に増え、虐待の行政への相談件数は年間10万件を超えるとか。…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです