メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆アーカイブ

生命の木、力強く今に

(18)広島城二の丸・御門橋西詰南側から北東方向を撮影。右端は、被爆樹木として現存するユーカリ(爆心地から750メートル)=現広島市中区基町で1945年9月11日前後、山上圓太郎撮影 ※広島平和記念資料館(広島原爆資料館)の検証による

 広島への原爆投下から約1カ月後の1945年9月、米軍の調査団に同行した毎日新聞記者が撮影した1枚に、今も生き続けるユーカリの木が写っていた。広島城(広島市中区)のお堀端で枝葉をもがれながらも直立していた木は72年後、緑の葉をしたたらせ生命の力強さを伝えている。(7面に特集)

 毎日新聞の記者2人が45年9月9~11日ごろ、廃虚の街と市民の暮らしぶり、米軍調査…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  5. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです