メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部豪雨

再建阻む土砂と泥 不安もかき出すボランティア

 九州北部豪雨で流れ出た大量の土砂と泥水が被災者の生活再建を阻んでいる。福岡県朝倉市杷木(はき)地区や、大分県日田市小野地区の一集落では浄水場が土砂で埋まったり、取水施設が水没したりして断水が続く。多くの民家も被災し、住民らは土砂のかき出しに追われている。一方で3連休初日の15日、両県の被災地には、全国から2400人以上の災害ボランティアが駆け付け、支援が本格化した。【中里顕、安部志帆子、土田暁彦】

 5日の豪雨で朝倉市杷木地区は赤谷川が氾濫した。杷木浄水場に大量の土砂や流木が押し寄せ、水をきれいに…

この記事は有料記事です。

残り1771文字(全文2022文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  2. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  3. 少年野球のバス、土手から転落 19人が軽いけが 福岡・うきは市

  4. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです