メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ

解雇・停職の教員ら15万人 クーデター失敗1年

「解雇は納得いかない」と話すサワシ・カラブルットさん=トルコ・イスタンブールで2017年7月12日夕、高橋宗男撮影

 【イスタンブール高橋宗男】昨年7月にトルコ軍の一部が企てたクーデターが失敗してから15日で1年。「テロに関与した」などとして解雇・停職となった教員や公務員らは15万人以上に上るとされ、「不当解雇」と反発する声も出始めている。

 「8カ月がたつのに、まだ信じられない」。国立イスタンブール大学工学部の准教授だったサワシ・カラブルットさん(38)は、非常事態宣言下で内閣が決定した昨年10月29日付の政令により解雇された。テロや国の安全への脅威となる活動に従事したとされた。解雇者リストは239ページに及んでいた。

 1997年にイスタンブール大に入学し、地震学を専攻した。2013年から准教授。研究一本やりだった。…

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文1028文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです