たらい舟

「一寸法師の苦労分かった」和歌山・岩出

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 かつて水辺の農作業で使われていた「たらい舟」を体験するイベントが15日、和歌山県岩出市の農業用ため池であり、参加者は慣れない手つきでたらいを操った。

 地域活性化を目指す県内のグループが「昔の暮らしを知ってもらおう」と企画。数十年前にハスの花の収穫に使われていた直径95センチのたらいを借りた。

 バランスを取りながら、さおで左右交互に…

この記事は有料記事です。

残り76文字(全文243文字)

あわせて読みたい

ニュース特集