無縁仏

政令市、10年で倍増 貧困拡大背景

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
無縁仏をまつる無縁堂=大阪市阿倍野区で2010年6月19日、幾島健太郎撮影
無縁仏をまつる無縁堂=大阪市阿倍野区で2010年6月19日、幾島健太郎撮影

 全国の政令市で2015年度に亡くなった人の約30人に1人が、引き取り手のない無縁仏として自治体に税金で弔われていたことが、毎日新聞の調査で分かった。全政令市で計約7400柱に上り、10年でほぼ倍増。大阪市では9人に1人が無縁だった。死者の引き取りを拒む家族の増加や葬儀費を工面できない貧困層の拡大が背景にあり、都市部で高齢者の無縁化が進む実態が浮き彫りになった。

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1078文字)

あわせて読みたい

注目の特集