大相撲名古屋場所

御嶽海、宇良に番付の違い見せつけ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【大相撲名古屋場所7日目】宇良を押し倒しで降した御嶽海(右)=愛知県体育館で2017年7月15日、木葉健二撮影
【大相撲名古屋場所7日目】宇良を押し倒しで降した御嶽海(右)=愛知県体育館で2017年7月15日、木葉健二撮影

 大相撲名古屋場所7日目の15日、2015年春場所初土俵の同期対戦は、学生時代から先を歩む御嶽海が宇良に番付の違いを見せつけた。

 立ち合いは、相手の動きを見てゆっくりと立った御嶽海。宇良の低い攻めに一度は後退した。だが、右で押っつけ、下から起こすと、体勢を崩して俵伝いに逃げ回る相手を足早に追い込み、冷静に勝負をつけた。宇良を“業師”として警戒する力士も多いが「全然、嫌ではなかった」。初顔の…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

あわせて読みたい

ニュース特集