メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドルトムント、浦和に競り勝つ

【浦和-ドルトムント】後半、ゴールを決めて喜ぶ浦和の遠藤(左)=埼玉スタジアムで2017年7月15日、長谷川直亮撮影

 サッカーの明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017が15日、埼玉スタジアムであり、昨季ルヴァン・カップ優勝の浦和と昨季ドイツ1部リーグ3位のドルトムントが対戦。3-2でドルトムントが競り勝った。

     試合は前半24分、コーナーキックから興梠が右足ボレーシュートで押し込み先制したが、後半、モルの2ゴールなどでドルトムントがひっくり返した。先月の日本代表戦で左肩を負傷したドルトムントの香川真司は出場しなかった。

     22日には茨城・カシマスタジアムで昨季J1優勝の鹿島がスペイン1部リーグ昨季4位のセビリアと対戦する。

     ドルトムント・ボス監督 勝ててうれしい。高い気温と、1週間しかトレーニングをしていないことを考えると、シーズン真っ盛りの浦和と、この内容で戦えてよかった。

     浦和・ペトロビッチ監督 両チームともすばらしいプレーをした。スペクタクルな試合だった。こういう試合を見て、さまざまな人にサッカーへの興味を持ってほしい。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 広島 女子中学生が死亡、校舎から飛び降りか
    2. 加計新学部 記録ない、記憶ない…20回 逃げの答弁連発
    3. 余録 亡くなった平尾昌晃さんが…
    4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
    5. 青山学院女子短期大 「青短」19年度以降の募集停止

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]