メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界シンクロ

乾友紀子4位 ソロTR決勝

 【ブダペスト村上正】水泳の世界選手権は第2日の15日、当地で行われ、シンクロナイズドスイミングのソロ・テクニカルルーティン(TR)決勝は乾友紀子(井村シンクロク)が91.7490点で4位だった。この種目の日本勢として2007年メルボルン大会以来10年ぶりのメダルを逃した。金メダルはスベトラーナ・コレスニチェンコ(ロシア)で95.2036点だった。銀メダルにはオナ・カルボネル(スペイン)が続いた。

 混合シンクロ高飛び込みは、村上和基(JSS白子)、板橋美波(JSS宝塚)組が307.74点で6位。…

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文973文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです