メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 大崎住民、玉造焼却反対要請へ 汚染廃棄物「保管を」 /宮城

 東京電力福島第1原発事故で生じた放射能汚染廃棄物の処理を巡り、大崎市岩出山の上宮協栄会(阿部忠悦会長、約70世帯)は15日夜に会合を開き、改めて玉造クリーンセンターでの焼却反対を大崎地域広域行政事務組合(管理者・伊藤康志市長)に申し入れる方針を確認した。近隣行政区にも呼びかける。また廃棄物の農地還…

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文334文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  2. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 俳優の斎藤洋介さんが死去 69歳 名脇役として映画やテレビドラマで活躍

  5. 国勢調査用の個人情報紛失 大阪・泉南市が22世帯分 氏名や住所、世帯人数記載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです