キハ120形

リニューアル 安全性向上し快適に JR西 /島根

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
内装のリニューアル工事を終えたJR西日本の「キハ120形」=島根県雲南市木次町里方で、長宗拓弥撮影
内装のリニューアル工事を終えたJR西日本の「キハ120形」=島根県雲南市木次町里方で、長宗拓弥撮影

 JR西日本が内装のリニューアル工事をしている「キハ120形」の完成車両が16日、JR西木次列車支部(雲南市木次町里方)で報道陣に公開された。乗客の安全性向上や、室内灯のLED化など省エネも進められた。18日から木次線で運行を始める。

 キハ120形は、1992年に導入されたローカル線用の小型ワンマン…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文366文字)

あわせて読みたい

注目の特集