メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
国際核融合実験炉

「人工の太陽」計画に影 米トランプ政権、予算半減

急ピッチで作業が進むITERの建設現場=仏南部サンポールレデュランスで4日、八田浩輔撮影

 「人工の太陽」は将来のエネルギーとして実用化できるか。日米欧などがフランス南部で建設中の国際熱核融合実験炉(ITER)は、そんな壮大な課題の検証を目指す。遅延とコスト膨張が続き、2035年の本格稼働を目標に作業が進むが、トランプ米大統領の方針が影を落としている。【サンポールレデュランス(フランス南部)で八田浩輔】

 マルセイユから車で1時間弱。警戒厳重なゲートを通り180ヘクタールの敷地を進むと、世界最大の核融合…

この記事は有料記事です。

残り867文字(全文1075文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです