メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

残業しない社員に「報奨金」

はるやまホールディングスのノー残業手当の仕組み

 企業で残業削減の取り組みを進めると、「残業代が少なくなる」と社員が不満を抱き、取り組みが鈍る場合がある。残業代を生活費の一部として家計を組み立てている社員もいるためだ。こうした声に対して、残業しない社員にボーナスや手当で還元する制度を導入する企業が出てきている。

 ●逆転の発想で

 「はるやまホールディングス」(岡山市)は、全国に「スーツのはるやま」253店(6月末時点)を展開する「はるやま商事」(同)を中心に、4月から「ノー残業手当」を導入した。課長職より下の職位の正社員1267人が対象で、店長職も含まれる。

 きっかけは2015年12月に他社との差別化を図るため、「健康宣言」をし、商品も社員も健康を意識することを打ち出したことだった。そのため、残業削減に取り組み、15年度の平均残業時間は1カ月に11・3時間で同業他社より短い。さらなる削減には社員の意識改革が必要だと、「逆転の発想で」(竹内愛二朗執行役員)ノー残業手当を導入した。残業をまったくしなかった場合、1万5000円が支給される。残業した場合、残…

この記事は有料記事です。

残り1421文字(全文1878文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 英変異株、初の市中感染か 英国滞在歴ない静岡県の男女3人

  5. 全国で新たに4927人感染確認 月曜最多 重症者973人、15日連続最多更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです