連載

毎日かあさんち

漫画家、西原理恵子さんの「毎日かあさん」は2002年から16年にわたり連載し、2017年6月26日に終了しました。連載終了後に掲載した、読者から投稿に西原さんが絵を描いた「卒母のススメ」を掲載しています。

連載一覧

毎日かあさんち

卒母のススメ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ●子離れはできるけれど

 60歳過ぎのじいが神棚のさかきの水替えで椅子に乗ったところ、その母の80歳代半ばの祖母が「下りんさい。危ないでわしがやる」と言って周囲が慌てて止めた。じいが入院中に自分も病でふせっていたが「わしは元気やで。あの子の看病に行け」と。じいが先に亡くなり、認知症が進んでいた祖母に最愛の息子の死を告げずに済んだのが不幸中の幸いだった。

 世の中には、交通事故の後遺症で言語での意思疎通が困難な寝たきりの息子や娘を20年近く自宅で介護する母もいる。そんな生き方もあり。子を産んで母となったからには「子離れ」はあっても卒業はできないような、そんな思いがある。(岐阜県安八町、鈴なりびわ、51歳)

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1221文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集