メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

追う日馬、6連勝

輝を下手出し投げで降した日馬富士(右)=木葉健二撮影

 白鵬は初顔の宇良を冷静にさばいて8連勝で勝ち越しを決め、元横綱・千代の富士の持つ歴代2位の通算1045勝にあと1勝とした。平幕の碧山は阿武咲の攻めをしのげずに今場所初黒星。大関・高安は千代翔馬を退けて1敗を守った。2敗は、輝を降した日馬富士と平幕3人になった。

=十両勝負=

里山 したてなげ 北太

照強 よりたおし 大砂

この記事は有料記事です。

残り1172文字(全文1331文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港警察、黄之鋒氏を逮捕 雨傘運動リーダー 昨年の無許可集会参加疑い

  2. 漫画「鬼滅の刃」が累計1億部突破へ 10月発売の最新巻で

  3. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  4. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  5. うずくまる息子、脇に立つ父「救急車、呼ばんでいい」 あの冬の日から3カ月…救えたはずの命

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです