メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雨

道内、局地的に 札幌で道路一時冠水

水しぶきを上げながら走行する乗用車=札幌市豊平区で16日午前11時43分、江口一撮影

 北海道は16日、大気の状態が非常に不安定となった影響で、局地的に記録的な大雨を観測した。小樽市や札幌市では道路が一時冠水するなどしたほか、JR函館線で札幌と旭川を結ぶ特急が約6時間にわたり運転できなくなり、交通機関が大きく乱れた。

 札幌管区気象台によると、日本海上空の低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、道内全域で大気が不安定な状態になった。

 小樽市付近と余市町付近では16日午前、気象レーダーによる解析で1時間に約80ミリの大雨が降ったとして「記録的短時間大雨情報」を発表。土砂災害の危険性が高まったとして一時、土砂災害警戒情報が出された。

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  2. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 藤井が2冠奪取 王位戦の「封じ手」3通、計2250万円で落札 第4局は1500万円

  5. 「メンバー意向尊重し『少年隊』の名は残すことに」 錦織さん、植草さん退所 ジャニーズ事務所の「報告」全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです