メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サイバー防犯ボランティア

大学生が有害な書き込み監視

サイバー犯罪ボランティアの大学生・北河佑樹さん=2017年6月20日午後3時59分、斎川瞳撮影

サイバー防犯ボランティアの大学生 北河佑樹さん(19)

 昨年7月に愛知県警から「サイバー防犯ボランティア」に委託され、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上にあふれる有害な書き込みに目を光らせてきた。援助交際の募集や、児童ポルノ画像などの投稿を見つけ、関係機関に通報。書き込みの削除やアカウントの凍結につなげた。女子中学生や女子高校生による書き込みも目立ち、「すごく危険。一時の感情に流されないでほしい」と訴える。

 ボランティアには県内7大学の148人が参加し、通報件数は今年3月末までで計8841件に上った。北河…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  3. 余録 米ワシントン、ポトマック河畔の桜は1912年…
  4. 先発は習志野・山内、日章学園・石嶋 第1試合は午前9時プレーボール
  5. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです