メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シカ対策

高機能集音器で居場所把握 鳴き声に雄が返事

高機能の集音器を使ったシカ対策を説明する山形大の江成広斗准教授=山形市の同大で2017年7月6日午前11時59分、二村祐士朗撮影

 山形大農学部の江成広斗准教授(野生動物管理学)は、鳴き声に着目してニホンジカの生息を突き止める新たな調査方法を発表した。カメラなどを使った従来の方法よりも的確に個体の居場所を把握できるという。シカの生息域があまり広がっていない山形など東北地方での調査に最適だといい、農作物や山林のシカによる食害防止につながると期待している。

 江成准教授によると、縄張りに侵入した相手に警告する雄ジカの鳴き声の録音を流すと、雄ジカが反応して鳴き返すという。また雄ジカは、秋ごろに雌を求めてよく鳴く。いずれも高機能の集音器を使って、居場所を容易に把握できるという。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪万博 招致戦略の見直し急務 150カ国参加目指すもコロナで「白紙」に

  2. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  3. 大阪で新たに318人感染 300人超は2日ぶり 新型コロナ

  4. 首相、医師会長に「全力でやる」 官邸で面会 医療体制逼迫など訴え

  5. コロナ対応説明は? 菅首相、感染拡大でも記者会見開かず 野党「国民の不安高まる」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです