メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

龍馬も通った門を開放 20、23日も

一般開放された岩倉具視幽棲旧宅の正門をくぐる家族連れ=京都市左京区で、大東祐紀撮影

 明治維新で活躍した岩倉具視(1825~83)が一時期隠れ家として住んだ「岩倉具視幽棲(ゆうせい)旧宅」(京都市左京区岩倉上蔵町)で、普段は閉じられている正門が16日、一般向けに開放された。坂本龍馬ら幕末の志士が岩倉を訪ねた時に通ったとされる門で、訪れた人たちは感慨深げに門をくぐっていた。

     大政奉還150周年を記念し、岩倉の命日(7月20日)に合わせ「坂本龍馬も通った正門から入ろう」と題して企画された。旧宅は国史跡で、正門は通常は管理上の問題から閉じられ、見学には通用門が使われている。この日は普段は入れない建物内部も一般開放。学芸員による特別解説もあった。

     石川県能美市から訪れた深田勉さん(66)は「幕末の歴史が好きで初めて訪れた。当時の雰囲気が感じられて良かった」と笑顔を見せた。学芸員の重岡伸泰さん(45)は「門の高さは当時と変わらない。岩倉や龍馬と同じ視点をぜひ味わってほしい」と話していた。

     正門は20、23両日も開放される。午前9時~午後5時。入場料は大人300円、中学・高校生200円、小学生以下100円。【大東祐紀】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. かもめ駐車場 江の島最大級、あすオープン /神奈川
    2. 吉良ワイキキビーチ 西尾の新パーク、23日にオープン /愛知
    3. 都市対抗野球 日本通運の阿部投手がノーヒットノーラン
    4. 警視庁 「社交界のプリンス」逮捕 少年の全裸撮影容疑
    5. 過労自殺? 新国立建設の現場監督、遺族が労災申請 残業、月200時間弱

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]