大手損保

車1日保険、浸透 マイカー持たぬ若者増え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
乗用車の主運転者の年代別構成比の推移
乗用車の主運転者の年代別構成比の推移

契約件数、累計500万件 レジャー時や帰省先で利用

 親や友人から借りた車で事故を起こすリスクに備え、1日単位で加入できる自動車保険の利用が拡大している。大手損保が2012年以降に投入した同保険の契約件数は、今月で累計500万件に達する。ライフスタイルの変化で車を持たない若者が増えていることが背景にあると見られ、各社は帰省やレジャーでの一時的な運転の際の利用を呼びかけている。

 1日自動車保険は、東京海上日動火災保険が12年1月に投入し、その後、三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険も販売を始めた。帰省して実家の車を運転したり、友人との旅行で運転を分担したりするケースが想定されており、他人名義の車で事故を起こした場合の損害を補償する(レンタカーやカーシェアリングを除く)。契約者の約8割を20代が占め、夏休みなどレジャーシーズンに大幅に増加するという。保険料は…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文862文字)

あわせて読みたい

注目の特集