日本とハワイ

搾取される日本からの移民、浮き彫り

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日本、ハワイ、米国の地図
日本、ハワイ、米国の地図

保管の外交文書から、ハワイと日本、米国の複雑な関係が…

 米国ハワイ州立文書館(ホノルル)に大量に保管されていることが分かった、19世紀に独立国だったハワイと日本との外交関係を記録した文書。東京大史料編纂(へんさん)所が本格調査を始めたハワイ独立時代の外交文書からは、近代初頭に帝国主義の荒波にほんろうされるハワイと日本、米国の複雑な関係が見えてくる。

 例えば日本からハワイへの初の移民について条件を取り決めた1868年4月の「ハワイ国 雇百姓及人足約定書」に登場する米国人商人で、駐日本ハワイ総領事を自称していたバン・リードだ。ハワイ政府は、自国を併合しようとする米国からの圧力が強まる中、総領事を置くことで日本と外交関係を築き、そのパワーバランスの中で独立を保持する狙いがあったとみられる。

この記事は有料記事です。

残り884文字(全文1230文字)

あわせて読みたい

ニュース特集