メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾からのコンテナに24匹 茨城・常陸太田

ヒアリ=環境省提供

 茨城県は16日、同県北部の常陸太田市内の工業団地で、台湾から搬送されたコンテナから強い毒を持つ外来種ヒアリ計24匹が見つかったと発表した。1匹を除いて死んだ状態で見つかり、女王アリや幼虫はいなかった。ヒアリが見つかったのは国内8カ所目で、内陸部では愛知県春日井市に続く2カ所目。

     県によると、コンテナは6月26日に台湾・高雄市で荷詰めされた工業用資材で、同29日に高雄を出港。7月3日に青海ふ頭(東京都江東区)で荷揚げされた後、12日に陸路で常陸太田市に輸送され、屋外のアスファルト上に設置された。

     ヒアリは同日、主にコンテナ内の荷物を包むフィルムの中で死骸で発見された。環境省が16日、ヒアリと確認した。【山下智恵】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. コトバ解説 「給与」と「給料」の違い
    2. 憲法ルネサンス 最低賃金 なくせ貧困、不幸比べ
    3. 加計問題 「丁寧」一転、首相言葉に詰まる 閉会中審査
    4. 民進党 野田幹事長が辞意表明 蓮舫代表は衆院くら替え
    5. 加計問題 潔白、証明できず/集団無責任体制

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]