メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衰え知らずの決定力…引退試合で2得点のワシントン、試合後に明かした次なる夢とは

情報提供:サッカーキング

後半から出場し、2得点を挙げた [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
 2006年のJ1リーグ初制覇、翌07年のAFCチャンピオンズリーグ初優勝。浦和レッズに栄光をもたらし、真っ赤に染まったスタンドを幾度となく沸かせてきた背番号21が、埼玉スタジアム2002に帰ってきた。

 浦和一筋を貫いた鈴木啓太の引退試合が17日に行われ、浦和レッズでともにプレーしたREDS LEGENDSと日本代表として日の丸を背負って戦ったBLUE FRIENDSが対戦した。この試合のためにブラジルから来日したワシントンは、後半開始からポンテや田中マルクス闘莉王、小野伸二といった懐かしい面々とともに出場。64分、71分と立て続けに2得点を挙げ、高い決定力をこの試合でも遺憾なく発揮した。

「啓太は今日のような引退試合をするに値する選手です。浦和のために戦い、結果を残し、多くの素晴らしい歴史を創ってきた選手ですからね」と、浦和で苦楽をともにした元同僚に賛辞を送った。

 2011年の引退後、建設業や政界への進出など、愛するサッカーとは少し違う世界で生きてきたワシントン。しかし、サッカーへの情熱を失ったわけではない。現在はブラジル南部のカシアス・ド・スル市に在住し、昨年には「監督ライセンスを取得した」ことを明かした。

 ワシントンの夢は「日本に戻って、日本で指導すること」だ。そして、明るい表情で最後にこう言い残し、慣れ親しんだ埼スタを後にした。

「そのクラブが浦和レッズだったら最高だね!」

取材・文=三島大輔



【関連記事】
●これぞ必殺仕事人! ディエゴ・オリヴェイラ、「サッカーを教えてくれた父親」の前で値千金の決勝弾
●名波采配的中! “想いが強すぎる”愛弟子・松浦の2得点が磐田に勝利を呼び込む
●代表初招集の三浦弦太、「日本がW杯に出るため」全てを注ぐ
●「だいたいおるところは分かる」…U20代表の右サイドを加速させる“ガンバ・トリオ”
●「持っている才能を売るようにしよう」指揮官・宮本恒靖の新たな挑戦がスタート

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防衛相 稲田朋美氏、辞任の意向固める
  2. 今井絵理子参院議員 コメント全文 不倫「断じて略奪ではない」
  3. 今井絵理子参院議員 橋本健・神戸市議がコメント 週刊誌の内容は「概ね事実」
  4. 参院議員資産公開 歌手の今井絵理子氏、預金6800万円
  5. 七夕まつり 愛知・一宮で開幕 飾り1000本風に揺れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]