メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元イングランド代表GKロビンソンが現役引退を表明…独W杯の正守護神

情報提供:サッカーキング

現役引退を表明したロビンソン [写真]=Getty Images
 バーンリーの元イングランド代表GKポール・ロビンソンが現役引退を表明した。同クラブ公式サイトが17日に伝えた。

 現在37歳のロビンソンは1998年にリーズでデビューし、トッテナムとブラックバーンでプレー。2015年夏から一時は未所属となったが、2016年1月にバーンリーに加入した。2016-17シーズンは正守護神のイングランド代表GKトム・ヒートンのバックアップとして、プレミアリーグ3試合の出場にとどまり、シーズン終了後に退団していた。各クラブで通算498試合に出場した。

 また、イングランド代表としては2003年2月に行われたオーストラリア代表との親善試合でデビューし、通算41試合に出場。ユーロ2004のメンバーに名を連ね、2006年のドイツ・ワールドカップでは正GKとして全5試合にフル出場し、ベスト8入りに貢献した。

 ロビンソンは同サイトを通じ、「残念ながら昨シーズンの終わりに背中のケガが再発し、新シーズンに向けた準備ができなくなった。全てのことを考慮した結果、引退を発表する決断に至った。愛するサッカーで長い間キャリアを築けたことはとても運がよかった。今後は少しの間、家族と過ごす時間をとり、今後のオプションを探っていくつもりだ」とコメント。

「僕のキャリアを通じてサポートしてくれた家族や友人に心から感謝したい。とても特別な4クラブと代表チームでプレーできたのはとても幸運だった。全てのサポーターやスタッフに深い感謝を伝えたい」と感謝した。

【関連記事】
ランパードの「ちょっといい話」…母を亡くした17歳の相手選手に見せた心遣い
まるで漫画の世界!わずか30分で8部からプレミアリーグへ移籍した選手がいた
世界最高額ベスト11を組んだら…総額1000億円、ジダンすらベンチ
マンUで黄金時代を築いたルーニー…英メディアが歴史を振り返る
中村俊輔、現在でもスコットランドの“伝説”としてリスペクトされる

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 「社交界のプリンス」逮捕 少年の全裸撮影容疑
  2. かもめ駐車場 江の島最大級、あすオープン /神奈川
  3. 豊洲移転 来春から来秋にずれ込む 都方針
  4. 山本担当相 秘書官作成メモ「既に廃棄した」
  5. 九州豪雨 熱々の支援お届け 福岡・朝倉の避難所

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]