メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

日本音楽コンクール 1位に名器貸与 ITOH財団、バイオリン部門に

前回ピアノ部門1位の樋口一朗さん=東京都新宿区の東京オペラシティコンサートホールで、丸山博撮影

 日本のクラシック音楽界の未来を形作る第86回日本音楽コンクールの応募受け付けが始まった。このところ、以前にも増して日本音楽コンクールの入選・入賞者が国内外で大活躍し、また海外の大コンクールも制していることから、一段とこのコンクールへの注目度が高まっている。

 第86回は演奏部門がチェロ、ピアノ、バイオリン、声楽、ホルン(予選開始順)で行われ、作曲部門は室内楽が課題の年に当たる。改変点など注目されるところを見ていこう。

 チェロ部門は3年に1度の開催。現在、日本の若手チェロ奏者は「第2次黄金時代」と呼ばれるほど逸材がひ…

この記事は有料記事です。

残り1288文字(全文1548文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 首相、韓国が「約束一方的に破っている」 日韓関係「信頼の問題だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです