メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 斉藤振一郎さん

 ■全国野球場巡り 斉藤振一郎(さいとう・しんいちろう)さん 現代書館・4968円

 全国津々浦々にある「野球場」を全て踏破しようという壮大な旅の記録。27年かけて訪問した球場877カ所の写真とデータ、観戦メモなどが並んでいる。全638ページ。無機質ななかに著者の野球愛が詰まった、堂々の力作である。

 「それぞれの球場がどんな形をしていて、どんな試合を見せてくれるのか、どんな人と出会えるのか。移動を楽しむ旅の面白さもあって、私の好きなことが全部詰まった趣味なんです」

 プロ野球チームが本拠にする巨大スタジアムから、中学生が軟式野球大会に使う地元の小さな球場まで。外野後方に富士山がそびえる球場、初公式戦の第1球が本塁打を記録した球場--。個性豊かな球場群に、ページをめくる手が止まらなくなる。「古いくたびれた外観の球場が好きなんです。親御さんしか応援に来ていない試合にも行きます」と笑みを浮かべた。

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文930文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 議場ではなく「劇場」にいるかと… 新人総理番が見た「代表質問」

  3. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  4. 詐欺手口、原点回帰? 「オレオレ」前年より2割増 「息子」7割 埼玉

  5. ORICON NEWS 白石麻衣、純白ドレスで10分間の卒業スピーチ「乃木坂46でいられたことを誇りに」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです