三島由紀夫賞・山本周五郎賞

贈呈式 創作意欲、改めて

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
(右から)三島由紀夫賞の宮内悠介さん、山本周五郎賞の佐藤多佳子さん、川端康成文学賞の円城塔さん=東京都港区で
(右から)三島由紀夫賞の宮内悠介さん、山本周五郎賞の佐藤多佳子さん、川端康成文学賞の円城塔さん=東京都港区で

 第30回三島由紀夫賞と山本周五郎賞(新潮文芸振興会主催)、第43回川端康成文学賞(川端康成記念会主催)の贈呈式が、東京都内であった。戦中戦後の米国の日系人が書き継いだ文芸を素材にした『カブールの園』(文芸春秋)で三島賞の宮内悠介さんは「抑圧のあるところにこそ文芸は生まれるというのが私の信念です」と自身の創作態度を述べた。青春小説『明るい夜に出かけて』(新潮社)で山本賞の佐藤多佳子さんは「私は作品数が少ないので、…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

あわせて読みたい

ニュース特集