メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽

オペラ《ノルマ》 デヴィーアの存在感=評・梅津時比古

 ベッリーニのオペラ《ノルマ》の上演には二重に鍵が掛かっている。歌手に求める技量が至難であること、そしてストーリーの展開を現代の聴衆に納得させる難しさである。

 藤原歌劇団などによる共同制作として上演された《ノルマ》は、タイトルロールを頂点にした総合力で、改めて作品の魅力を伝えた(1日、日生劇場)。

 《ノルマ》の役柄を神秘的に高めたのは、この公演のために招かれたソプラノのマリエッラ・デヴィーア。第1幕冒頭の歌いだしこそ、全盛期を過ぎた身体的要素~高音のわずかな不安定、声量の物足りなさなど~に一抹の不安を抱かせたが、そこは屈指のベテランだけに、ランツィロッタ指揮の東フィル、粟国淳の演出、客席との距離感等、舞台空間の諸条件をたちどころに把握したのだろ…

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文817文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
  3. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに
  4. 京都 白タク天国、観光地横行 韓国業者も参入
  5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]