メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外強制不妊救済法が成立
ニッポンへの発言

キーワード 原田知世の35年=中森明夫

 原田知世がデビュー35周年を迎えた。1982年7月、ドラマ「セーラー服と機関銃」で主演デビュー。翌年、映画「時をかける少女」で大ブレークした。松任谷由実作詞作曲の主題歌を歌い、これも大ヒット。長崎出身の14歳の女子中学生をオーディションで見初めた角川春樹が「この女の子に1本だけ映画をプレゼントして引退させよう」とポケットマネーで作ったのが「時かけ」だという。託された大林宣彦監督は「原田知世は天才です」と感嘆した。これは大林の代表作になった。いや、その後、リメーク、アニメ版、続編の「時かけ」では(筒井康隆の原作を離れて)主人公の少女が必ずショートカットであること、それは83年版の映画での短髪美少女があまりにも鮮烈だったからだろう。そう、原田知世は“時をかけるアイコン”になった。

 「愛情物語」「天国にいちばん近い島」「早春物語」……。当時の角川映画はみんな観(み)ている。80年…

この記事は有料記事です。

残り1235文字(全文1628文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです