メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部豪雨

避難情報伝わらず 中継基地断線か 福岡・朝倉の杷木松末

 九州北部豪雨で被害が大きかった福岡県朝倉市の杷木松末(はきますえ)地区の一部で、避難指示発令前に、各世帯に避難情報を伝える戸別受信機が正常に作動していなかった可能性があることが、市への取材で分かった。豪雨により中継基地の送信所で不具合が生じたのが原因とみられる。同地区では犠牲者も出ており、専門家は「行政は多様な情報入手手段の確保を住民に呼びかけておくべきだ」と指摘する。

 朝倉市では、防災情報を流す各地域の中継基地までは主に有線で結び、そこから戸別受信機に無線で避難情報…

この記事は有料記事です。

残り971文字(全文1208文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 原因は果物のライチ?脳炎で子ども130人以上死亡 インド東部
  2. 堺市長選で選挙違反 元市議らを書類送検 法定外文書を1万枚配布疑い
  3. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  4. 吉本はコンプライアンス順守で瀬戸際に 「闇営業」金銭授受で11人謹慎処分
  5. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです