UAE

カタールにハッキング、偽ニュース工作? 米報道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン会川晴之、カイロ篠田航一】米紙ワシントン・ポストは16日、アラブ首長国連邦(UAE)が5月下旬にカタールの国営通信社などにサイバー攻撃をかけ、イラン寄りの立場からサウジアラビアや米国などを批判する偽ニュース配信を工作した可能性があると報道した。米情報当局者の話として伝えた。UAEは、この報道を「事実無根」と反論している。

 UAEやサウジなど4カ国は、この報道をきっかけにカタールと激しく対立、6月5日にカタールと断交した。報道が事実だとすれば、カタールをめぐる事態はさらに複雑化する。

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文874文字)

あわせて読みたい

注目の特集