メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飼い犬、8日後に救出 がれきの中 福岡・朝倉

豪雨で損壊した民家のがれきの中から8日後に救出されたグンソウと、治療にあたる坂田院長=福岡県朝倉市甘木で2017年7月15日午後1時5分、山下俊輔撮影
グンソウが見つかった菊池さんの自宅。自宅後方から土砂などが流れ込んだ=福岡県朝倉市山田で2017年7月15日午前8時23分、山下俊輔撮影

 九州北部豪雨で損壊した福岡県朝倉市の民家のがれきの中に閉じ込められた飼い犬が8日後に救出された。衰弱していたが、今は回復しつつある。救われたのは小型犬ポメラニアンの雄で名前はグンソウ。飼い主で同市山田の柿農家、菊池勝昭さんは「グンソウは私たちの家族。見つかってうれしかった。早く元気になってほしい」と祈っている。【山下俊輔】

 豪雨が襲った5日、山間部の奈良ケ谷川沿いに建つ菊池さん宅には、またたく間に膝上ほどの水が流れ込んできた。菊池さんは孫2人を含む家族5人や、別の住民らとともに避難。その夜はふもとにある大分道の山田サービスエリア内の建物に身を寄せ、やっと一息ついた。ただ、そこにグンソウはいなかった。連れ出す余裕はなかった。「無事でいてくれ」と念じた。

 数日後、自宅へ続く道路の流木や土砂の撤去が進んだ。ようやく自宅に戻ると、変わり果てた風景があった。柿を植えた川岸は大きく削られ、裏山の土砂崩れで自宅横の蔵は倒壊し、自宅内にも大量の流木などが入り込んでいた。被害の大きさに、「避難があと30分遅かったら、危なかった」と体が震えた。

 グンソウは交通事故に遭って右足をあまり動かせなかった。「グンソウのことは半分諦めてしまった」。そんな思いで、がれきの撤去作業を続けていた13日、がれきの隙間(すきま)にいたグンソウを菊池さんが発見した。触ると、体が温かかった。生き抜いていた。

 がれきが折り重なり、奇跡的に空間ができていた。ただ飲まず食わずで過ごした影響で衰弱は激しく、腹部の皮膚はただれていた。菊池さんはグンソウを抱きかかえて水を飲ませた。「命があって良かった」

 グンソウは今、坂田犬猫病院(同市甘木)に入院し、点滴や抗生物質の投与など治療を続けている。同病院の坂田雷太院長(48)は「最初は危ないと思ったが、今は回復傾向にある。何とか助けたい」と話している。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院選 投票したら替え玉無料 「一風堂」が「選挙割」
  2. 東急 三軒茶屋駅で停電 田園都市線など一時運転見合わせ
  3. 日産 国内全工場で出荷停止 無資格検査で
  4. 水戸・遺体 不明男性「殴った」肋骨数本折れる
  5. 名大病院 がん兆候、情報共有されず 50代の男性が死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]