交通事故

愛知、脱ワースト暗雲 全国最速で死者100人

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
愛知県の今年の交通事故死者が93人となった3日、約100人の警察官が大規模な検問を実施した=名古屋市中区の大津通で、横田伸治撮影
愛知県の今年の交通事故死者が93人となった3日、約100人の警察官が大規模な検問を実施した=名古屋市中区の大津通で、横田伸治撮影

 年間の交通事故死者数が昨年まで14年連続で都道府県最多の愛知県は17日、今年の事故死者数が全国最速で100人に達した。198日目の100人到達は昨年より10日早く、2番目に死者数の多い埼玉県は17日現在で91人。例年、死亡事故が増える下半期(7~12月)を迎え、「全国ワースト脱却」を目標に掲げる愛知県警は焦りを募らせている。【横田伸治】

 17日午前9時15分ごろ、愛知県あま市七宝町の市道を歩いて横断中の名古屋市中川区の無職男性(83)が2トントラックにはねられ、死亡した。現場は水田地帯の見通しの良い直線道路で、横断歩道などはなかった。トラックの運転手(28)は自動車運転処罰法違反容疑の現行犯で逮捕された。この事故で今年の愛知県の死者数は100人(死亡事故件数は96件)となった。

この記事は有料記事です。

残り1040文字(全文1384文字)

あわせて読みたい

注目の特集