メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

最近はやっている手足口病、どんな病気?

 なるほドリ 手足口病が全国ではやっているね。

 記者 府内でも4月から増え出し、6月26日~7月2日の週に警報レベルを超えました。2015年のように大流行の兆しとなっています。

 Q どんな病気なの?

 A 4歳くらいまでの幼児を中心に夏場に流行する疾患で、コクサッキーA6(CA6)やエンテロウイルス71などのエンテロウイルスに感染して発症します。口内や手のひら、足の裏などに水疱(すいほう)状の発疹が出るほか、3人に1人程度の割合で熱が出ます。通常数日で治りますが、髄膜炎などの合併症を引き起こすこともあります。

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです