メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

最近はやっている手足口病、どんな病気?

 なるほドリ 手足口病が全国ではやっているね。

 記者 府内でも4月から増え出し、6月26日~7月2日の週に警報レベルを超えました。2015年のように大流行の兆しとなっています。

 Q どんな病気なの?

 A 4歳くらいまでの幼児を中心に夏場に流行する疾患で、コクサッキーA6(CA6)やエンテロウイルス71などのエンテロウイルスに感染して発症します。口内や手のひら、足の裏などに水疱(すいほう)状の発疹が出るほか、3人に1人程度の割合で熱が出ます。通常数日で治りますが、髄膜炎などの合併症を引き起こすこともあります。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです