メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

最近はやっている手足口病、どんな病気?

 なるほドリ 手足口病が全国ではやっているね。

 記者 府内でも4月から増え出し、6月26日~7月2日の週に警報レベルを超えました。2015年のように大流行の兆しとなっています。

 Q どんな病気なの?

 A 4歳くらいまでの幼児を中心に夏場に流行する疾患で、コクサッキーA6(CA6)やエンテロウイルス71などのエンテロウイルスに感染して発症します。口内や手のひら、足の裏などに水疱(すいほう)状の発疹が出るほか、3人に1人程度の割合で熱が出ます。通常数日で治りますが、髄膜炎などの合併症を引き起こすこともあります。

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  2. 政府、新型肺炎を「指定感染症」に 28日にも武漢チャーター機 茂木外相「現地に560人」

  3. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです