メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔡焜燦さん90歳=台湾の親日実業家

 台湾で日本統治時代に生まれ、親日派で知られる実業家、蔡焜燦さんが17日朝、老衰のため台北市内の自宅で死去した。90歳。親族が明らかにした。司馬遼太郎さんの著書「街道をゆく 台湾紀行」で案内役を務め「老台北(ラオタイペイ)」と紹介されたことがきっかけで日本でも有名となった。

     1927年、現在の台中市で生まれ、日本語で教育を受けた。旧日本陸軍に志願し、日本で終戦を迎えた。

     台湾に戻った後は、体育教師のほか、船舶会社代理店の営業マン、電子機器会社を創立し、長年会長を務めた。台湾の日本語世代を代表する人物の一人だった。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 殺人未遂 容疑で女子大生逮捕「恋愛感情のもつれで」
    2. 内閣支持率 続落26% 「総裁3選」62%否定
    3. 仙台市長選 郡和子氏が初当選 自公敗北、加計問題影響
    4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    5. 松尾貴史のちょっと違和感 安倍首相の国会答弁 あまりに下品で不誠実で幼稚

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]