メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界水泳 流れ変える機会 シンクロ3位発進・TR予選

 【ブタペスト村上正】世界水泳選手権で16日に行われたシンクロナイズドスイミングのチーム・テクニカルルーティン(TR)予選で、日本は91.7484点をマークして3位発進した。

     流れを変える絶好の機会が巡ってきた。日本は今大会、ソロ、デュエットのTRでいずれもライバルのウクライナに3位の座を奪われ、4位に甘んじてきたが、この日のチームの予選は0.25点余りの小差でウクライナを上回った。だが井村雅代ヘッドコーチは「逆転される範囲内にいる。決勝は本当の勝負になる」と気を引き締めた。

     TRの演目は昨夏のリオデジャネイロ五輪と同じ繁栄を意味する「弥栄(いやさか)日本」。8人のマーメイドは水中に飛び込むと、和の曲調に合わせスピードのある脚技で勢いに乗った。終盤まで衰えず、同調性もばっちり決まった。

     この日出場した8人のうち3人が昨年の五輪後に加わったメンバーだった。五輪銅メダリストと新メンバーでは経験の違いから意識に差があるのは当然だったが、それを埋めるのは容易ではなかった。世界選手権初出場を果たした最年少19歳の阿久津は演技後、「(出番を迎えてプールへ)歩き始めたと思ったら、(あっという間に演技を終えて)最後のポーズになっていた。次は落ち着いていきたい」と話した。

     主将の乾は「これでチームが盛り上がっていくはず」と手応えをつかんだ。1度の演技でも世界の舞台を経験したことが新しいチームにとって大きい。負けられない戦いを前に弾みがついたことは間違いない。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
    2. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ
    3. 日馬富士暴行 貴乃花親方、協会と溝深く 黙して語らず
    4. 日馬富士暴行 任意聴取で認める 診断医師は重傷否定
    5. 社説 日馬富士関が後輩に暴行 横綱を名乗るに値しない

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]