メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

白鵬、歴代2位の通算勝利数1045に

輝をはたき込みで降す白鵬(左)=愛知県体育館で2017年7月17日、兵藤公治撮影

 大相撲名古屋場所第9日は17日、ただ一人初日から勝ちっ放しの白鵬が輝を難なく退け、千代の富士の持つ歴代2位の通算勝利数1045に到達。1位魁皇の1047にあと2勝に迫った。他の横綱・大関陣3人は総崩れ。日馬富士は宇良に腕をたぐられて土俵にはい、初金星を与えた。高安は嘉風に完敗。豪栄道は千代翔馬の注文相撲にはまり、物言いの末敗れた。

     白鵬を追う1敗は平幕の碧山1人。2敗で高安と、平幕3人が追う。

     ○…宇良が日馬富士を破って初金星。低い立ち合いから左に動いて横綱の右腕を手繰り、土俵にはわせた。横綱への挑戦は前日の白鵬戦に続いて2回目。初土俵から15場所目での金星は、幕下付け出しを除くと1984年秋場所の小錦の14場所に次ぐ2位タイのスピードだ。25歳の小兵の業師は「力を出し切れて良かった」と涙した。

    ◇通算勝利数5傑

    (1)魁   皇 1047勝

    (2)千代の富士 1045勝

    (2)白   鵬 1045勝

    (4)大   潮  964勝

    (5)北 の 湖  951勝

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. コンビニ ミニストップが全店舗で成人誌の販売を中止へ
    2. 日馬富士暴行 現場の個室に日本人力士も同席
    3. 日馬富士暴行 貴乃花親方、理事長選で思惑…モンゴル報道
    4. 4乳児遺体遺棄 53歳女逮捕「産んですぐバケツに」大阪
    5. 森友問題 8億円下げ「根拠不十分」…会計検査院

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]