メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

DeNA競り勝つ 今永、速球の制球がさえる

 ○DeNA2-1ヤクルト●(17日、横浜)

     DeNAが競り勝った。先発の今永は球威ある速球の制球がさえ、七回途中まで3安打無失点。その後は5投手の継投で逃げ切った。打線では筒香が本塁打を含む2安打2打点。打線が振るわなかったヤクルトは、1970年以来の11連敗。

     ヤクルト・真中監督 攻めきれなかった。原樹は6回2失点。今日(の敗戦)は投手の責任ではない。野手がなんとかカバーできるようにしたい。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 前理財局長 「ゼロ回答」で栄転 禍根残す人事?
    2. 自民党 石破派、産経記事配布に抗議
    3. 岡山・加計学園 獣医学部新設問題 山本担当相、説明二転三転 根拠のメモ「確認したい」
    4. 感謝状 「見ず知らず」3人連係プレー 川で3児童救助、竹田さんらに 三郷市 /埼玉
    5. 水難事故 加治川ダムの放流、母子流される 水遊び中 県が周知不十分 /新潟

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]