メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

DeNA競り勝つ 今永、速球の制球がさえる

 ○DeNA2-1ヤクルト●(17日、横浜)

     DeNAが競り勝った。先発の今永は球威ある速球の制球がさえ、七回途中まで3安打無失点。その後は5投手の継投で逃げ切った。打線では筒香が本塁打を含む2安打2打点。打線が振るわなかったヤクルトは、1970年以来の11連敗。

     ヤクルト・真中監督 攻めきれなかった。原樹は6回2失点。今日(の敗戦)は投手の責任ではない。野手がなんとかカバーできるようにしたい。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 人生相談 次男の交際相手に納得できない=回答者・高橋源一郎
    2. 首相 「籠池被告は詐欺を働く人物」 法曹関係者が批判
    3. ブラック彼氏 自分の仕事を熱く語る男はモラハラ系かも…見抜くポイントや対処法、弁護士が指南
    4. 中国 ナマコやエビ姿消す…党代表宿泊のホテル食材から
    5. 訃報 橋本力さん83歳=俳優

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]