メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100m山本と800m鈴木決勝へ

 パラ陸上の世界選手権第4日は17日、ロンドンで行われ、男子100メートル(切断などT42)予選で、走り幅跳びの3連覇が懸かる山本篤(スズキ浜松AC)が12秒92で2組4着に入り、タイム順で決勝に進出した。

     男子800メートル(車いすT54)予選では鈴木朋樹(トヨタ自動車)が1分36秒49の2組4着となり、タイム順で決勝に進んだ。樋口政幸(プーマジャパン)渡辺勝(TOPPAN)は予選落ちした。

     女子100メートル(切断などT44)予選に出場した走り幅跳び銅メダルの中西麻耶(うちのう整形外科)と高桑早生(エイベックス)は落選した。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 相模原の障害者施設殺傷 事件1年 19人、生きた証し
    2. 訃報 神田紅葉さん66歳=講談師
    3. 女子高校生 いじめで自殺か…直前にライン送信 北九州
    4. もう二度と 相模原殺傷事件1年 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否 「会って抱っこしたい」
    5. 特集ワイド 相模原殺傷事件 感じた嫌悪「いつか起きる…」 長男が障害持つ野田聖子衆院議員

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]