蓮舫代表

会見詳報(1)戸籍の一部公開「発言の信頼を揺るがさないため」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で自身の国籍問題について説明する民進党の蓮舫代表=民進党本部で2017年7月18日、宮間俊樹撮影
記者会見で自身の国籍問題について説明する民進党の蓮舫代表=民進党本部で2017年7月18日、宮間俊樹撮影

 自身の「二重国籍」に関することで東京都内で18日、臨時の記者会見を開いた蓮舫民進党代表の冒頭発言は以下の通り。【統合デジタル取材センター】

本来、戸籍は「開示してはならないもの」

 本日、私がすでに台湾の籍を有していないことが分かる戸籍の一部を含めた関連の資料を示した。

 本来、戸籍は開示すべきではないと思っている。また誰かに強要されて戸籍を示すこともあってはならないことだというのは、まずもって言いたい。

 ただ、私は民進党の代表で、野党第1党の党首として、私の発言の信頼が揺らいでいることがあってはいけない。それと何よりも現政権に対して強く説明の責任を果たすように求める立場であることを勘案し、今回、戸籍の一部を含めた、台湾籍を有していないことが分かる資料を公表した。

この記事は有料記事です。

残り1553文字(全文1887文字)

あわせて読みたい

注目の特集