メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

小林 聡美・評『鳥類学者だからって、鳥が好きだと……』『江戸博物文庫 鳥の巻』

◆『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』川上和人・著(新潮社/税別1400円)

◆『江戸博物文庫 鳥の巻』工作舎・編(工作舎/税別1600円)

 子供の頃、草花や木々の名前をたくさん知っている大人は、大いに尊敬の的だった。東京で生まれ育った私には、公園や遊歩道に植えられた常緑樹や落葉樹、生け垣の花々くらいの世界観しかなかったが、そんな小さな世界でも名前をいえるものは数えるほど。それが大人になって犬を飼いはじめ、町のあちこちを散歩するようになると、だんだんと植物の違いや名前がわかるようになってきた。いつもの通り道に佇(たたず)む植物は、季節のうつろいも教えてくれた。そんな草木への興味は尽きないが、今、私の憧れは、鳥である。

 東京の住宅街にも意外とたくさんの鳥がいる。というのも、日中窓を開けテレビもラジオもつけずにいると、町のいろいろな音に混じって、何種類もの鳥の囀(さえず)りが途切れることなく聞こえているのだ。情けないことに、判別できるのはカラスくらいで、あとはスズメなのかシジュウカラなのか、はたまたなんなのか、まったくわからない。そもそも鳥の種類を知らない。知りたい。だが植物ならば、地面に植わっているので、様子を…

この記事は有料記事です。

残り1033文字(全文1549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アップルがアプリストアから「フォートナイト」削除 手数料巡り「バトル」激化

  2. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  3. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  4. 「高熱でも宿泊拒否できない」旅館業法 GoToは大丈夫か ホテル苦慮

  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです