連載

Interview

映像や舞台、音楽、文学などで活躍する人に作品への思いをインタビュー。新たな一面がのぞくかも。

連載一覧

Interview

桐竹勘十郎 キツネ役で七変化 芸歴50年、玉藻前に再挑戦

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
桐竹勘十郎氏=渡部直樹撮影
桐竹勘十郎氏=渡部直樹撮影

 充実の盛りにある文楽人形遣い。吉田簑助への入門が1967年7月。半世紀が過ぎた。

 「今年中に師匠と同じ場面で相手役をするのが夢でしたが、早くも1月にかないました」と喜ぶ。

 1月の大阪・国立文楽劇場で「本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)」の「十種香」で自身が八重垣姫、簑助が濡衣を遣った。

 ■  ■

 「うれしい半面、緊張もしました。つい、師匠に目がいき、その眼(め)が『弟子入りして50年でこれか』と思われているようにも、『もうちょっとがんばれよ』と考えていらっしゃるようにも見えてしまいました」

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1041文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集