メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

桐竹勘十郎 キツネ役で七変化 芸歴50年、玉藻前に再挑戦

桐竹勘十郎氏=渡部直樹撮影

 充実の盛りにある文楽人形遣い。吉田簑助への入門が1967年7月。半世紀が過ぎた。

 「今年中に師匠と同じ場面で相手役をするのが夢でしたが、早くも1月にかないました」と喜ぶ。

 1月の大阪・国立文楽劇場で「本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)」の「十種香」で自身が八重垣姫、簑助が濡衣を遣った。

 ■  ■

 「うれしい半面、緊張もしました。つい、師匠に目がいき、その眼(め)が『弟子入りして50年でこれか』…

この記事は有料記事です。

残り840文字(全文1041文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです