メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

刊行

フェンス越しの米軍 沖縄の「記憶」を紹介

『日常化された境界』(北海道大学出版会)の表紙

 沖縄本島内を車で移動する際の風景から戦後史を読む、『日常化された境界-戦後の沖縄の記憶を旅する』(屋良朝博・野添文彬・山本章子著、北海道大学出版会、972円)が刊行された。国境・境界地域の研究「ボーダー・スタディーズ」や、こうした地域を旅する「ボーダー・ツーリズム」を紹介する「ブックレット・ボーダーズ」シリーズの4冊目だ。

 沖縄本島を縦断する国道58号は、那覇空港でレンタカーを借りた観光客が島の北部まで足を延ばす際、ほぼ…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文438文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ひき逃げ容疑 31歳男逮捕 男性をはね死亡させる 福岡
  2. セクハラ疑惑 財務次官辞任 「今こそ連携する時」メディアの枠超え女性結束
  3. 東京 狛江セクハラ疑惑で組合「加害者は市長、複数相談」
  4. 自民・船田氏 「首相3選、赤信号に」
  5. のんさん 殺害予告容疑 北海道の47歳男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]